クロゴキブリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロゴキブリ

クロゴキブリとは?

クロゴキブリは、昆虫綱ゴキブリ目に分類されるゴキブリです。

日本ではチャバネゴキブリと並んでメジャーな種。基本的には屋外で活動するゴキブリですが、温かい空間を求めて屋内にも積極的に侵入を試みる厄介な奴です。

クロゴキブリ
↑クロゴキブリは暗い赤褐色で体長は30mmを越えることも(左)、チャバネゴキブリは薄い茶色でせいぜい体長15mmぐらい(右)

 

クロゴキブリの身体的特徴

クロゴキブリは、成虫ならば体長は25~40mm程度になります。日本で見かけるゴキブリの中ではやや大型の部類(ちなみに日本最大種は沖縄に生息するヤエヤママダラゴキブリで約50mmです)。

体色は暗い赤褐色ですが、個体によっては黒が強かったり赤が強かったりと差があります。体、翅にかなり強い光沢があるのが特徴。

全く飛ぶことができないチャバネゴキブリと違って、クロゴキブリはその翅を使って力強く飛ぶことができます。よく「クロゴキブリは飛翔できない、自分より低い位置へ滑空することしかできない」なんていいますが、実際には彼らはそれなりの高さまで地力で飛翔することができます。なので床を這っているクロゴキブリが飛び立たないと思ったら大間違い。ただし、やはり飛翔能力が高いわけではなく、積極的に自ら飛翔するケースが少ないのは事実です。

あと「ゴキブリは目が合うとこちらに向かって飛んでくる」なんて話がありますが、ゴキブリは視力が悪く、人間の視線を認識できるような知能を持っているとは考えにくいです。あくまで都市伝説。

ゴキブリは視力が悪い

 

クロゴキブリのお尻には1対の尾角と呼ばれる触角器官があります。これによりクロゴキブリは周囲の空気の流れを捉えることができます。後から足音を立てずに近寄ったにも関わらず逃げられてしまうのは、 この尾角による危険察知能力によるものです。そのため意外かもしれませんが、ゴキブリを倒すときは背後からではなく、前方向から近づいたほうが良い成果を得られることが多いのです。

また、クロゴキブリの逃走速度はとてつもないです。1秒間で1mぐらいは走るので、倒し損ねると一目散に家具の隙間へ逃げられてしまうこともしばしば。

そして彼らの逃走方向は非常に様々です。真っ直ぐ遠ざかる方に逃げることもあれば、横方向に蛇行したり、稀にこちらに向かってくることも。彼らの逃走方向の選択についての研究を進めたところ、個体によって数パターンの逃走方向を持っており、そのときの瞬時の判断でそれを選択していることがわかりました。つまり、クロゴキブリは「常に真っ直ぐ遠ざかるように逃げる」より、様々な逃げ方を使い分けたほうが生存確率が上がるということを知っているのです。なんてしたたかな生き物なんでしょう。

クロゴキブリの逃走

 

クロゴキブリの生活と繁殖

寒さに弱く、家屋を主な住みかにするチャバネゴキブリとは違い、クロゴキブリは屋外に住むことが多いゴキブリです。

ゴミ置き場や、建物と建物の間の細い隙間の中、マンホールの中などを好み、明るい昼間はそこでじっとして時間を過ごし、暗くなるとエサを探して活動を開始します。夏の夜に繁華街を歩くとアスファルトの上を這うクロゴキブリをよく見かけるはずです。ただし彼らは夜通し活動するわけではありません。ほとんどの場合は日没後から深夜2時ぐらいまでで活動を終え、また薄暗い住処に引っ込んでいきます。

クロゴキブリは幼虫期で約250日、成虫期で約200日ほど生きます。つまり全体の寿命は450日程度。その生涯の中で20回程度の産卵を行います。

1度の産卵で産み落とされる卵は20~30個。メスは卵を卵鞘の中に収納し、それを安全な物陰に唾液で固定します。孵化までの期間はだいたい45日前後。ただしこれは気温の影響を非常に大きく受けます。夏のように暖かい時期であれば孵化は早まり、秋に産卵されたものは、そのまま卵として越冬するため200日以上の期間をかけることになります。

このように年中が繁殖期で、産卵数が多く、そのサイクルも非常に短いことから、一度屋内に入り込まれるととんでもない速度でその数を増やしていきます。もし屋内でクロゴキブリを発見してしまったら、すでに大繁殖を許してしまっている可能性があります。

クロゴキブリの卵
↑クロゴキブリの卵鞘。チャバネゴキブリと違って、ずっとメスが持ち運ぶことはない。

 
クロゴキブリの孵化と幼虫
↑孵化した直後のクロゴキブリ(左)、クロゴキブリの幼虫(右)

 

クロゴキブリの食事と天敵

クロゴキブリはご承知のとおり雑食性です。昼間は狭いコロニーに密集してじっとしていますが、夜になるとエサを求めて活動を始めます。

成虫のエサは、ハエなどの小さな昆虫、植物、人間の食事の食べ残しはもちろん、ペットフードや古本、人間の毛髪・垢・排泄物、自分達の糞まで食べてしまいます。さらにはダンボールや食用油、障子紙など、本当に何でもアリ。唯一苦手なのはハーブ系の香りが強い植物のみ。

これだけ好き嫌いなくなんでも食べる上に、飢餓に対しての耐性も抜群です。食事なしでも数十日、水なしでも相当な期間を生存して活動することができます。これは体内に脂肪の液を溜め込んでいるおかげで、食べ物にありつけないときはこれを消費して飢えを凌ぐことができます(ゴキブリを叩き潰したときに出るあの白い体液がそうです)。

逆に天敵は、アシダカグモなどの大型蜘蛛類、ムカデ、カマキリなど。しかしゴキブリ対策のために、アシダカグモやムカデと同居するのはちょっと厳しいところです(汗)

ゴキブリを捕食するアシダカグモとカマキリ
↑ゴキブリを捕食するアシダカグモ(左)、同じくカマキリ(右)

 

クロゴキブリの侵入を防ぐための対策

まずはクロゴキブリの屋内への侵入経路を塞ぎましょう。3mm程度の平たい隙間があれば彼らは平気でそこを通り抜けてきます。窓のさん、天井裏、床下、エアコンダクトなど、ゴキブリの侵入の可能性がある隙間を洗い出し、パテやテープなどで塞いでいきましょう。

あと可能性が高いのは下水からのルート。排水管の内側は虫やゴキブリの侵入を防ぐために通常「返し」がついていますが、盲点なのは配水管の外側を這って登ってくるケース。そこに隙間がある場合はガムテープなどで完全に塞ぎましょう。

クロゴキブリ侵入経路

さらには、クロゴキブリを引き寄せてしまう環境を排除することが大事です。彼らは室内に篭った食物の匂いに惹かれてやってきます。部屋の中はこまめに掃除して、可燃ごみや生ゴミを長期間置くようなことはしないようにしましょう。食事の食べ残しは必ず密閉容器に入れるか、冷蔵庫の中にしまうように。ペットフードもしっかりと密閉し、ペットの糞の始末もこまめに。キッチン周りは、夕食後はなるべく水分を布巾で綺麗に拭きとっておくとよいでしょう。このようにクロゴキブリが侵入したくなる理由を排除していけば、彼らとの遭遇率は格段に低くなります。

クロゴキブリが他の仲間を引き寄せる

 

もしクロゴキブリの侵入を許してしまったら

もし室内にクロゴキブリが入ってきてしまったら、一刻も早く対策を講じて退治しましょう。屋外での繁殖力についてはチャバネゴキブリほどの脅威ではありませんが、クロゴキブリでもやはり嫌なものは嫌です。

 

◎目の前のクロゴキブリと戦う!

いざゴキブリを目の前にするとどうしていいかわからなくなるものです。特に女性はゴキブリというだけで萎縮してしまう人も多いことでしょう。

しかしそのとき逃がしてしまった個体は確実に部屋の中のどこかに住み続けるわけですし、繁殖して数を増やすことにもつながってしまいます。勇気を出して確実に始末しましょう。

遠距離からでも殺せるのはゴキジェット系のスプレータイプ。最近は毒ではなく冷却によって殺すタイプが多く、その場合はキッチンのようなデリケートな場所で使うのにも抵抗がないのでおすすめです。

もしポットがあって熱湯がすぐに手に入る状態であれば、それも立派な武器。ゴキブリは自分の体温が50℃以上になるとすぐに死んでしまいます。カップ1杯の熱湯をゴキブリにかけてやれば、瞬時に息の根を止めることができます。

ほかには食器用の洗剤をかけても殺すことができます。ゴキブリの呼吸口には油の膜があって、これが水の浸入を防いでいるのですが、洗剤の界面活性剤によってその油膜が取り除かれ水が呼吸口に入り、呼吸困難を起こすというわけです。度数が30%以上のアルコールでも同様の効果が期待できます。

手元に殺虫剤も熱湯も洗剤もない場合は仕方ありません、打撃戦です。スリッパなり、丸めた雑誌などで叩いて殺しましょう。前述しましたが、尾角があるため後から近寄るのは得策ではありません。前方からそっと近づき、一瞬でカタをつけましょう。

よく潰した後の死骸のことを考えて手加減してしまいがちですが、それで逃がすと必ず後でものすごく後悔します(筆者談)。思い切って渾身の一撃を叩き込むことをおすすめします。

クロゴキブリ

 

◎クロゴキブリに逃げられた・・・部屋のどこかにはいるはず、どうしよう(涙)

残念ながら逃げられてしまった場合。タンスや冷蔵庫の隙間に入られてしまうとさすがに手が出せません。隙間から出てくるのをじっと待つわけにもいきませんし、このまま住み着かれて繁殖されても困ってしまいます。そういう場合は何かしらゴキブリ退治アイテムに頼りましょう。

 

1.ホウ酸ダンゴ

お手軽なのはホウ酸ダンゴの設置です。ホウ酸ダンゴは海外でも「ジャパニーズ・ホウサン・ダンゴ」として知られるほどにゴキブリ対策としては世界的に有名な手段となっています。

市販品でも十分な効果が期待できますが、ホウ酸の含有量を増やせば、それを摂取したゴキブリの糞にもホウ酸の効果が得られたり、誘引物質を増やして(タマネギやジャガイモ)引き寄せる効果を高めたり、その家のゴキブリに対してカスタマイズをすることができるため汎用性が高いです。ゴキブリの通り道になりそうな場所に設置してやりましょう。

ただし老人や幼児、ペットが同居する家では誤飲の可能性もあるのでその点だけは十分に注意しましょう。

 

2.コンバット

仕組みとしてはホウ酸ダンゴと全く同じです。誘引剤でゴキブリを引きつけて毒のエサを食べさせて、巣に帰ったそのゴキブリが死亡、その死骸や糞を食べたほかのゴキブリも死亡、という原理。プラスチックケースの中に収納されているので誤飲の心配がないのがメリットです。その効果もかなり信頼性が高く、ゴキブリ対策としてはかなり安定した方法になります。

 

3.バルサンなどの煙霧剤

一度でゴキブリの成虫を全滅させるという点では最良の手段だといえます。ついでにダニやノミまで退治できるので害虫殲滅能力としても最強。ただし食器や電子機器にラッピングをする必要があり、ペットに魚や昆虫を飼っている場合は数日間外部に撤去しなければいけないなど、使用するためには一手間かかるのが難点です。

またバルサンの煙は卵には効果がありません。一度の使用で成虫を全滅させても卵が残ってしまうので、孵化するであろう20日後に再びバルサンを炊く必要が出てきます。

 

4.ゴキブリホイホイ

捕獲したゴキブリの姿がはっきりと見えて、退治している感は一番強いです。しかし捕まるのは活動的に動き回る成虫が多く、コロニーでじっとしていることが多い幼体はそんなにはかかりません。ゴキブリの数は減らすことができますが、根絶には繋がらないのでこれだけの運用はおすすめできません。場所もとりますし、ビジュアル的にもちょっとアレですしね(苦笑)ホウ酸ダンゴやコンバットの合わせ技として使っていきましょう。

 
クロゴキブリ

関連記事

  • クマネズミクマネズミ クマネズミとは? クマネズミは、ネズミ目ネズミ科クマネズミ属に属する哺乳類です。日本の家庭に […]
  • カメムシカメムシ カメムシとは? カメムシは、カメムシ目カメムシ亜目のカメムシ科の昆虫の総称です。あくまで […]
  • ドブネズミドブネズミ ドブネズミとは? ドブネズミは、ネズミ目ネズミ科クマネズミ属に属する哺乳類です。日本の家庭に […]
  • ハツカネズミハツカネズミ ハツカネズミとは? ハツカネズミは、ネズミ目ネズミ科ハツカネズミ属に属する哺乳類です。日本の […]
  • イエカイエカ イエカとは? イエカは、ハエ目・糸角亜目・カ科・イエカ属に分類されるカ(蚊)の総称です。総称 […]
  • シロアリシロアリ シロアリとは? シロアリは、昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科の昆虫の総称です。 名前とその見 […]
  • アルゼンチンアリアルゼンチンアリ アルゼンチンアリとは? アルゼンチンアリは、ハチ目アリ科カタアリ亜科アルゼンチンアリ属のアリ […]
  • ヤブカヤブカ ヤブカとは? ヤブカは、ハエ目・糸角亜目・カ科・ヤブカ属に分類されるカ(蚊)の総称です。総称 […]
  • マダニマダニ マダニとは? マダニは、クモ綱ダニ目マダニ亜目マダニ科の節足動物の総称です。 「ダ […]
  • ニホンイノシシニホンイノシシ ニホンイノシシとは? ニホンイノシシは、鯨偶蹄目イノシシ科の哺乳類です。 日本国内では […]
  • スズメバチスズメバチ スズメバチとは? スズメバチは、スズメバチ科スズメバチ亜科に属する昆虫のことです。 […]
  • セアカゴケグモセアカゴケグモ セアカゴケグモとは? セアカゴケグモは、セアカゴケグモはヒメグモ科に分類される毒グモの一種で […]
  • ハブハブ ハブとは? ハブは、クサリヘビ科ハブ属のヘビの総称です。マムシと並び日本ではとても有名な毒蛇 […]
  • ツキノワグマツキノワグマ ツキノワグマとは? ツキノワグマ(月輪熊)は、ネコ目クマ科クマ属に属する哺乳類です。日本では […]
  • ヒグマヒグマ ヒグマとは? ヒグマ(羆)は、ネコ目クマ科クマ属に属する哺乳類です。体長はクマの中でもかなり […]
  • カミツキガメカミツキガメ カミツキガメとは? カミツキガメは、爬虫綱カメ目カミツキガメ科カミツキガメ属のカメ、またはそ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。